ニュース

2020.10.12 日本在住ベトナム人協会と情報交換

                               南海会長代行と鈴木事務局長                        和やかに情報交換
 
 
   10月12日(月)、アジア連帯委員会は、日本在住ベトナム人協会と新年度の事業等に関する情報交換を行いました。

     日本在住ベトナム人協会から南海会長代行の来訪を受け、鈴木事務局長は、9月30日開催のCSA第40回定期総会における代議員対応への謝意を伝えました。その後CSA、日本在住ベトナム人協会のコロナ渦での活動等について双方から現在の情報交換を行いました。

     南海会長代行は、「日本に現在40万人のベトナム人居住者がいます。1980年代のインドシナ難民で日本に永住した人や、最近日本の研修生、実習生として現在日本で暮らしている人々も多くいます。新型コロナウイルスの影響で職を失い生活に困っている人が急増しています」等、喫緊の課題が山積している状況を受けました。一方でコロナとの闘いは中長期的課題でもあるので、しっかり着実に対応していきたと力強く語りました。

     鈴木事務局長は、日本在住ベトナム人協会とはCSAの前身から連携しており、このような時だからこそ、より一層連携を強化していきましょうと応えました。

2020.10.02 第40回定期総会を開催

          澤田会長代表挨拶               連合 逢見会長代行 来賓ご挨拶         鈴木事務局長の報告・提案


     9月30日(水)、アジア連帯委員会は連合会館で、役員、代議員、傍聴者73名が出席し、第40回定期総会を開催しました。

     今年の総会は、新型コロナウイルス感染対策に万全を期し、三密の回避や総会時間の短縮等の対策を講じた上で行いました。

     総会は、和田常任理事が司会を務め、基幹労連の杉原代議員が議長に選出され、杉原議長により議事が進められました。冒頭、澤田会長がアジア連帯委員会(CSA)代表挨拶をした後、来賓としてご臨席された連合の逢見会長代行から挨拶を受けました。

     その後、鈴木事務局長が2019年度事業報告及び2019年度年度会計報告を行い、堀監事が同監査報告を行い、承認されました。

     引き続き、協議事項に入り、鈴木事務局長より、2020年度事業計画、2020年度予算を提案し決定された後、大澤常任理事が役員の改選について提案し、満場の拍手で確認されました。引く続き、澤田会長が顧問の委嘱について提案し、確認されました。

     最後に杉原議長が降壇挨拶、和田常任理事が閉会挨拶し、今年の総会は、短時間の開催でしたが、成功裏に終了しました。