ニュース

2020.07.10 ラオス・サンティパープ高校生寮 卒寮式

       高校生寮前でCSAと寮生                    成績優秀者と校長先生(中央)                卒寮生全員に記念品贈呈

 
     7月8日、ラオス・サンティパープ高校生寮から卒寮式の写真と感謝メールが届きました。

     2002年CSAはラオスの高等教育支援の一環として、国内でも屈指の難関高校でありますサンティパープ高校に寮を寄贈しました。寮の建設は優秀な学力を有した生徒でありながら、貧困や遠隔地等の理由で進学をあきらめていた生徒の為に、男子・女子とも入居可能で、食事の提供も可能な寄宿舎・寮を寄贈し、学習意欲のある若者の救済を目的とし、そして現在も継続してCSAが寮運営全般の支援を継続しています。

     本年1月にCSA視察団が寮を訪問し生徒と交流しました。毎年5月には卒業に伴う卒寮式に出席しています。今年は新型コロナウイルスの影響で、ラオスへの入国は不可能となった為、卒寮生への記念品と成績優秀者への賞品を5月に送りました。その記念品等は、校長先生から生徒に渡して頂き、CSAからの祝辞を代読して頂きました。

2020.07.06 ラオス・クッサンバット村小学校校舎塗装補修完了

                                          塗装前の校舎                     先生も塗装します     きれいになった校舎
 

      1995年CSAがラオスに最初に寄贈したクッサンバット村小学校の塗装工事が7月6日完了しました。

  本年1月ワーキング・スタディ・ツアーでCSAチームは同校を訪問しました。その際、校長先生から「学校は生徒全員大切に使って、先生方で出来る補修は常に行っています。ただどうしても外壁の傷みは年々ひどくなっています。CSAの訪問団に塗装の支援をお願いしたい。」との要請を受けました。帰国後、支援組織の方々と相談の上、塗料と必要な材料の提供を行いました。

     そして7月3日CSA現地から、塗装工事の完了報告とその写真が届きました。